「遺贈寄付」という新しい支援の形

 23511020_896022537225231_2646147763598421588_o


特定の人や団体に遺言書で財産を遺すことを「遺贈寄付」といいます。


人生の最期を迎える時、ご自身が生きた証を何かの形で残したい、財産の一部を未来の社会のために役立てたい、少しでも社会に恩返しがしたい、そんな思いを実現できる、ESAアジア教育支援の会に託していただけましたら、教育を受ける権利を奪われたアジアの子どもたちの未来に、光を与える活動に活用させていただきます。ご遺志は、いつまでも消えることなく子どもたちの中に生き続けます。

ご寄付は少額から受け付けており、プログラムはご意向に沿ってご相談の上、お決めいただけます。



遺贈・遺産寄付者の声
IMG_3593
「商社マンだった弟の遺志を、彼が飛び回っていた世界の子どもたちへの教育支援に活かしてもらいたいと考え、インターネットでいろいろと検索してESAの遺贈寄付を見つけ、南インドの児童養護施設の建設に役立ててもらいました。弟の名前の「和」という字を刻んだプレートが建物の壁に埋め込まれているのを見たとき、彼の心が子どもたちの成長をずっと見守っていくのだと実感しました。」(東京都 Aさん) ※「アンナイ子どもの家」建設寄付の場合


 

ESAではご案内の遺贈寄付パンフレットをご用意いたしました。
詳しくはこちら


izou

どうぞお気軽にお問合せください。

認定NPO法人 ESAアジア教育支援の会

☎ 03-5497-2261(月、水、金曜10~17時)

✉ info@esajapan.org


 

寄付金の受付口座

◆みずほ銀行 
狛江支店 普通 1768967 
トクヒ)ESAアジアキョウイクシエンノカイ

◆ゆうちょ銀行 
記号 001904 番号 671126 ESAテレジア募金

 


また、ESAが連携するレディーフォー遺贈寄付サポート窓口(無料)でもご相談を承っております。寄付のご意向や詳細が決まっていない方でもお気軽にご相談ください。

 

レディーフォー遺贈寄付サポート窓口
0120-948-313
(通話料無料)
受付時間:平日10:0017:00(年末年始を除く)

以下のお問合せフォームをご記入のうえ、お問合せください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe258zUl-to3Y3L3MGsUplPmSwwOekHbMVwwbR2-KU6vX3J2g/viewform

 
classes.jpg (8)