バングラデシュ・チッタゴン ジョナキ小学校

バングラデシュ全土で水位が年々下がっており、
ジョナキ小学校でも井戸の水が汲み上げられなくなっていました。
35度を超える気温の中、エアコンもない教室で授業を受けて飲み水もない、という過酷な状況にありました。

コーディネーターのラザム氏が早急に対応を検討し、工事の要請がありました。
昨年よりESAの活動にご支援いただいている株式会社MIB様(東京都大田区)のご協力のもと、
大至急工事に取りかかり、1ヶ月ぶりに水が学校に戻ってきました!!
子どもたちにも笑顔が戻りました!

私たちにとっては蛇口をひねれば水が出るのが当たり前ですが、バングラデシュで水は本当に貴重で大切な資源です。
ご協力いただきました株式会社MIB様、ありがとうございました。

67380564_2190899347706386_7441890770082070528_n

67840719_2190899294373058_7497372564906311680_n

67559133_2190899284373059_5132406113932673024_n


67557188_2190899341039720_5260991310151548928_n