今年もやります!ESAゾウさん文庫プロジェクト 夏のイベント
「絵本の向こうに、バングラデシュが見えてくる」

2013年から3年間で、ESAは支援地の子どもたちに約2100冊の絵本を届けました。その絵本に、子どもたちは夢中になりました。今年も、日本のすてきな絵本に翻訳シールを貼って、バングラデシュの子どもたちに届けませんか?

ESAはなぜ支援地に日本から絵本を送ることにしたのでしょうか?
「絵本」を通して、バングラデシュの子どもたちの生活をのぞいてみましょう。日本の絵本に目を輝かせる現地の子どもたちの姿がきっと見えてきます!

第1部では、現地の本事情の紹介や日本在住40年以上のアザド・ムンシ先生から現地に絵本を送る大切さや、バングラデシュの教育問題、社会事情についてお話を伺います。

第2部では、ベンガル語翻訳シールを実際に貼って、支援地の子どもたちに送る翻訳絵本を作ります。

ぜひご参加ください!

◆日時:2016年7月30日(土) 14:00~16:00
◆場所:北沢タウンホール(小田急線・井の頭線「下北沢」駅南口から徒歩5分)
◆参加費:資料代 500円(1グループにつき1資料から受付できます。)
◆申込:7月15日までに以下サイトからか、メールにてお申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/1PXA6egsScGM-ZDRQg_E6Cikf6E4zpbcnD-2rqVK9IjE/edit

夏のイベント-表面
夏のイベントチラシ_裏面